3年勤務してようやく転職活動ができた話

3年勤務してようやく転職活動ができた話

3年勤務してようやく転職活動ができた話

サービス業である旅行業界で働いていた時に本当に辞めたいと思いました。

 

その理由は、旅行業界と言っても一般の方を対象としているのではなく、ほとんどが企業を対象とした旅行業だったので、

 

営業だった私は、その担当会社の1人の個人旅行を手配した時に、前もっていろいろ説明がなされていなかったということで色々とクレームをつけられました。

 

 

しかも、会った時にはその人は何も言ってこないのですが、メールでちくちくと言ってきて、しまいには「私の上司もあなたのしたことに対して疑問を持っています」などと、

 

脅すようなことを言ってきたので、その見えない恐怖のようなもので胸が押しつぶされ、会社を辞めたいと思いました。

 

辞めたいと思って上司にさらっと「こんな客嫌なので辞めたいですよ」と言いつつも、これくらいでへこたれてはいけないと思い、

 

赤字が出ないようなクレーム対応をするにはどうすればいいか上司に質問し、どうにか対応しました。

 

 

でも、実際はほとんど上司も口だけという感じで、よくある問題の1つだからそんなに真剣に取り組む必要もないという感じでつき離された感じもあり、

 

それに対して更に辞めたいと思いました。

 

 

つまり、まずは客に対しても怒りがあったのですが、上司の対応にも腹が経ったので仕事をやめたい気持ちが増したのです。

 

結局、海外で就職していた時の出来事で、ビザの問題があったのと、

 

自分の気持ち的にも絶対に勤続3年未満で退職するのはだめだと思っていたので、思いとどまりました。

 

 

そして、その事件が起きて半年後には勤続丸3年を迎えるところだったので、それまで我慢しようと決め、

 

 

本当に丸3年経った日に辞め、その後はリラックスして転職活動をしました。

 

仕事を辞めて転職したい


ホーム RSS購読 サイトマップ